現在の追加パッチカード(170721)

>


 

追加パッチの連絡です。スピマテ公式イベント(ゲムマや、公式大会等)にて、交換する事ができます。
(買った旧作品のカードか、そのパックをお持ちになるか、買った旨をお伝え下さい。追加パッチを無料でお渡しします。)


スターターA


【エラッタに伴うカード交換】
デーモン・ガール」
初期のスピマテを象徴する凶悪なパワーカードの1つ。相手のモンスターのコントロールを奪う効果を持っていた。エラッタ前は、ノーコストで効果発動が可能であり、合成モンスターも選ぶ事が出来た。このカード1枚出すだけで勝てる事も多かった。また、コスト2の騎士王ロイヤルナイトは、このカードがあったため、初期の環境では、完全に死に札扱いであった。エラッタ後は、効果発動の際に、コストを払う必要が出来たため、合成モンスターは奪えなくなった。


【禁止・制限カード特別ルール】
合成」
「合成」は1枚しかデッキに入れることが出来ません。
このカードは、交換は現状はしません。


Battle Field Daikon & Sword


【エラッタに伴う配布】

(以前は交換でしたが、ちょうど2+1で、3積になるので配布にします。)

「リーズの逆襲」
初期のスピマテを象徴する凶悪なパワーカードの1つ。相手のカード効果に対抗して発動する。相手のプレイ時効果・任意効果を無効に出来た。当時は永続効果が強くなかったため、このカードと「デーモン・ガール」を積んだ通称「小悪魔だいこん」デッキが、環境で暴れまわり、だいこんを積むだけであらゆる効果を封殺出来た。しかも、相手の場のだいこんを巻き込む事が出来たため、「リーズの逆襲」1枚で、「八百屋の娘」デッキを壊滅させることが出来た。エラッタ後は、場に「英雄」が必要になり、無効に出来るのは、自分の墓地にだいこんを3枚溜めてからしか使えなくなった。ただし、3枚たまるまでは、「破壊」と「効果ダメージ」からだいこんを守る限定的な効果としては使用出来る。【A】【B】戦況に応じて、選べるようになった。ルール効果もなくなり、3積が可能となったため、「英雄」デッキではこのエラッタは一概に弱体化とも言えない。


【不明確テキストを分かり易くするためのカード配布】
「英雄ではない少女~八百屋の娘~」(ハンヌイサラダ効果発動が不明確だったため)

2015年改訂版では、「墓地のだいこんを選択して発動」と記載されており、わかりにくかったため、「墓地のだいこんを選択。それらを場に出す。効果は発動しない」に変更。


【禁止カードのエラッタ、デザイナーズパックの強化】
「食中りだいこん」
エラッタ前の「リーズの逆襲」兼「破滅の契約者」の対策として作られたが、このカードではもはや止まらかった。「リーズの逆襲」エラッタ、及び「破滅の契約者」が環境の変化で弱体化した為、無用のカードとなったため、後衛におけるニュータイプのだいこんとして、生まれ変わった。

※希望者に無料配布、及び旧カードを交換します。


Honey So Sweet


【不明確テキストを分かり易くするためのカード交換】
「ハニースイーツ☆」(効果の扱いが不明確だったため。)


【デザイナーズパックの強化】
「ハニースイーツ☆マジカルティーパーティー」(活躍していなかったクイーンの強化)

※希望者に無料配布します。
※枚数が書かれていませんが、エクストラカードから出せるのは、1枚です。

By