2018年4月7日 自作TCGで遊ぶ会報告

>

遊ばれたゲームについて、報告します。

1:ビルドリーダーズ(パンタレイゲームス)

こちらはテストプレイでした。ゲームマーケット春に土曜日出展されます。いわゆるドミニオン系ゲームです。勝利点の獲得は、遠征と呼ばれるユニットを1巡銭湯エリアに出し、1ターン存命して帰還することで勝利点となります。これを繰り返し、15点を得ることができればそのプレーヤー勝利です。(4人程度で遊べるゲーム)。パンタレイゲームスさんは、ゲームマーケットにも何度か出ており、自作TCGで遊ぶ会でも常連さんで、今回遊ばせていただいた新作も期待が持てるものでした。

2:ヴァノスギア(ozplanning)

こちらは18枚のカードとトランプで遊べる4人用ゲーム。ゲームマーケット春に土曜日出展です。L16です。私は別卓でクロックワークメモリオンをやっていたため、遊ぶことができませんでした。今回、仙望廊様にゲームテキスト調整などを依頼した上で完成したゲームだそうで、プレイした人の感想を聞くと、非常に評価が高かったです。仙望廊様には、スピマテ のルール調整も依頼しており、期待が持てます。(写真は前回の自作TCGで遊ぶ会で遊んだもので、これとは別に新作が出ます。)

3:クロックワークメモリオン

こちらもゲームマーケット春参加の新作です。クラウドファンディングで製作されたゲームで、クロックワークメモリオンの新作となります。「記憶を継承する」ということをテーマに製作されており、特に面白いのが、「空欄のカードテキスト」に「相手の前方に」「自分のカードに」などのメモリオンカードを追加し、効果を書き換え追加していくことが出来る点です。割り込みのタイミングで相手のカードを書き換え、対象を変更したりすることも出来ます。昔から続いているシリーズの新作なので、とても楽しみです。(沢山写真撮りました。

4:グリムフォージ(半月堂)

あのマグメルTCG製作者と、ポリゴノーツさんが手を組んだ。シンプルに遊べるけど、読み合いで深くなっていくボードゲームです。手軽に10分で遊べて、ルールも簡単なので、おすすめです。こちらはゲームマーケットのA3の企業ブースで、マグメルと一緒に販売されるので、一緒に購入もおすすめです。

5:スターターE エレメンツオブアルケミスト(スピマテ 製作委員会)

うちのスピマテ シリーズの新作です。今回は、スターターEで遊んでもらいました。こちらはゲームマーケット春の土日出展で、F16です。超ざっくり言うと、スピマテは遊戯王などの難しいTCGを簡略化して5枚くらいで遊べるようにしたゲームです。インディーズTCGはカードプールが広くないので、少し環境を離れてしまった友達とも遊ぶ事が出来ます。是非あなただけの激強デッキを作り上げて下さい!

以上です。今日はちょうど8名の参加があったので、2卓立ててゲームを遊んでいました。ゲームマーケットの先行体験会よりも先に楽しむことができたので、とても有意義な会でした。

By