コミケ4日目に委託出展してきました!

>

スピマテ制作委員会として、コミケに初委託出展してきましたので、その報告をします。

・本当はコミケ1日目に出たかった。

ゲームマーケットに出展しているゲムマ系の作者様は、主に1日目にアナログゲーム系ゾーンとして固めて配置されており、目当てのゲームを買ったついでに隣のゲームも買えるというパターンでした。スピマテ制作委員会もコミケ申し込みをしたものの、あえなく落選しました。

しかし、コミケ4日目に、委託を募集しているという神の様なサークル様をツイッター上で発見。さっそくツイッターでやり取りを行い、お手伝いしながら参加させて頂けることになりました。

今回、スピマテ制作委員会は、コミケ初デビューとなります。

・販売アイテムは、「クリアファイル」と「スターター2種」のみに。

絞りました。今回、買い物手伝いがほとんどとなる為、あまり細かい説明を委託先のサークル様に強いることは出来ず、紹介動画もあるスターターB・Eに絞りました。スターターBはちょうど背景のストーリー小説がクライマックスで熱い為、ストーリーで紹介していくことも出来るという判断もありました。

また、今回、去年TCGフェスで配布していた「煉獄の魔女イラストのクリアファイル」を押していこうと思いました。これは、値段も安く、コミケ勢にとっては手に取りやすいのではないか。という判断でした。

・当日の動き

当日入場する際の写真。4日目は曇りで良かった。(3日目は熱中症で大変なことになっていたようです。)

お品書きです。今回の戦略は、クリアファイルを売っていくことに全てをかけています。

実際の配置の様子です。(これは、委託先サークル様が早めに帰ってしまわれたので、カードを広げてます。実際には、クリアファイルくらいの幅のスペースに置いていました。)

 

・4日目は、コスプレ系のエリアに配置

コスプレ系のエリアに配置となりました。これにはメリットもあり、一つは、コスプレのサークル様のファンの方の目に止まるという点。3次元の女性の中で、2次元イラストの「煉獄の魔女」はかなり目立つようで、興味を持ってくれた方もおり、普段と全く違う方にスピマテカードゲームをアピール出来たのは、かなり利点でした。3ヶ月に1度大会をしていることもメリットとなり、ゲムマでは全くメリットにならない「トレーディングカードゲーム」であることを全面的に推していきました。

・買い物のついでに寄ってくれる人もいた。

これもゲムマにないメリットで、ボードゲームはあんまり興味ないけど、ほかの買い物のついでに寄ってくれる。という人が何人かいました。

・ボードゲームに興味のない層を狙っていくならありかも。

今回思った、コミケに出すメリットです。新規顧客を増やしていく為にコミケに出すのはありかもしれません。ただ、どの島になるのか、どこのゾーンに配置になるのかは、冷静に見極めていかないといけない、情報戦がゲムマ以上に重要だと感じました。そもそも1日目に出展するのが一番安定した手だった気も・・・。

・普段関われない方とお話出来た。

これも結構メリットでした。コスプレ系は初めて関わりましたが、被写体の方をより良く見せていく手法についての専門本などもあり、ゲムマ勢では出来ない手法も持っており、なかなか興味深かったです。自分で極めるのは、かなりきつそうなので、やっぱりスピマテの宣伝でコスプレを採用するなら、依頼するしかなさそうだな・・・。というのが結論です。(カードル♪のように、実際の人がスピマテで遊んでくれる様子風の写真を取ることを今後考えているのですが、カメラマンはスピマテ制作委員会では無理そう。)

ちなみに、買い逃した人は、下記から通販できます。
https://spimate.booth.pm/

・4日目は、15時くらいからみんな帰り始める。

コスプレエリアは特に、15時にはほとんど人がいませんでした。これは遠征組が多いというのと、帰り際にコミケ最終日は混むから。というのがある気がします。泊まり組もほかの日程と違いいませんし。参考にできるかもしれません。

・クリアファイルよりも、普通にTCGを推していっても良かったかも。
結論から言うと、クリアファイルはほとんど売れませんでした。一方で、スピマテカードゲームは一つ1500円もするにも関わらず、そこそこ売れました。改めて思ったのは、コミケは値段を下げても売れる訳ではないということです。逆に、値段のラインが明確に決まっている似たようなタイプの商品が多いエリアだと、値段を下手に上げると売れにくくなるような気はします。

コミケの出展にあたり、情報も色々手に入ったので、色々と、参考になりました。

By