Elements of Alchemist -Story-

home > 小説 > > 3.10 海と神とリバイアサン

3.10 海と神とリバイアサン


まず、海の航海がいかに難しいかを説明しなければならない。

海路は、リバイアサンと呼ばれる、水の魔術によって作り出された「怪物」が存在する。

海路を進むうえで、必ずこのモンスターと戦わなくてはいけないのだ。

さらに、手下となる大量のマーメイドたちが、船に忍び寄り、落としにくる。

 

そして、この怪物を倒したことのあるものは一人もいない。

それゆえに、この世界の大陸は3つに分断されており、国交もほとんどない。

 

なにより、この怪物は海上では「飛行」能力を持たなければ攻撃さえ当てられない。

つまり、こちらは攻撃手段を一切持たないのだ。ただやられるのを待つだけである。

 

「だから、私の魔導の竜を、戦乙女のメイス。あなたに貸すわ。」

輪廻の竜「ブレイズドラゴン」。魔力を食らいその力で火の中から蘇るという竜だ。

だが、ブレイズドラゴンの力では、せいぜい数分の飛行と力の具現化が良いところだ。

 

「おい、まずいぞ!マーメイド達が!このままじゃ船を落とされる!」

 

溢れんばかりのマーメイドが、船に侵入している。英雄レイスと私フリーディアでなんとか追い払おうとするが、

数があまりにも多すぎる。

「見ておきなさい、これが、煉獄の魔術の極意・・・。「サクリファイス・アルケミー」よ!」

魔女ナルシアは、魔法陣を空に刻む。魔法陣は炎によって燃える。

そして、現れる。炎の化身となった竜にまたがる、戦乙女メイスが。

「ノーブルライド・ワルキューレドラゴン!」

巨大な竜。おおよそリバイアサンの2倍以上は大きさがあると思われる竜。

それを操り、リバイアサンへの攻撃を戦乙女メイスは開始する。

 

「これほどの大きな竜・・・。いったいどこから魔力を?」

法術士の少女は疑問を呈する。

 

「魔力なら・・・生贄となるものがいる。」

燃えていく。マーメイド達が。その光景は、地獄以外の何物でもない。まさに、煉獄の魔術だった。

 

「煉獄の魔術の根幹は、生物を生贄にすること。その力をもって、ドラゴンを呼び出す。」

 

あっというまに、リバイアサンは消し炭にされていく。

こうして、私たちは魔王の城への侵入に成功したのだった。

新しい記事
古い記事

return to page top