Elements of Alchemist -Story-

home > 小説 > > 3.7 勇者と魔女と騎士王

3.7 勇者と魔女と騎士王

「ようこそ。貴方達が来ることは、知っていたわ。」

大きな古びた帽子は高齢の魔女を思わせるが、それに不釣り合いなあどけなさを感じる少女。しかし、その瞳の中に眠る狂気のようなものは、やはり魔女であることを思わせる。

「久しぶりだな。ナルシア。」

「ええ、もう10年ぶりくらいかしら。」

魔女は、昔話を語る。

あるところに、騎士王ロイヤルナイトと呼ばれる勇者がいた。その勇者は、魔王と呼ばれる存在から王国を守る為に、魔王の城へ向かった。そして、二度とは帰って来なかったのだ。勇者には、故郷の孤児院に2人の教え子がいた。それがレイスとナルシアだった。勇者はレイスには剣を、ナルシアには魔法の戦い方を教えた。

「あの時から、オレは剣の腕を磨いた。この、騎士王の剣、聖剣ロイヤルソードで魔王を倒す為に。」

「あの時から、私は煉獄の魔術を極めた。魔法で魔王を倒す為に。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

魔女の森から、王国の酒場へとやってきた。目的は、作戦会議だ。勇者、法術師、魔女、戦乙女、あと私の5人のパーティは結成された。

次に目指すのは、とうとう魔王の城だ。その為には、船で海路を進まなければならない。

「だけど、一つ問題があってね。」

机に身を乗り出し、魔女ナルシアは言う。ナルシアは実は超ミニスカートなので、酒場の人たちがみんな注目している。イケナイ魔女だ。

「海路を進むと、海の化け物、リバイアサンと戦わなければならないの。」

私たちの旅は始まったばかりだ。

新しい記事
古い記事

return to page top