【スピマテカードゲームとは?:スピマテカードゲームStAとは?】

2014年12月より制作されているインディーズTCG。2019年で5周年となった。今回、2020年ゲームマーケット春にて、初段となるスターターAがリメイクされ、「スピマテカードゲームStA」として再登場しました。(旧作も発売後の環境で使用出来ます。)

【箱を買うだけで遊べます:「スピマテカードゲームStA」は2パック分のデッキが収録】


今までの商業・同人TCGは、まずカードを集めることが非常に難しく、かつ相手もデッキのカードを持っている必要がありました。この問題点を「スピマテカードゲームStA」では解決しており、この箱を買うだけで、スピマテの初段環境が全て揃った状態で遊ぶことが出来ます。初段環境を遊び尽くしたら、2枚ずつカードが入った状態のStAデッキに、新しい旧弾パックを追加していくことも可能です。

【スピマテは「スピマテカードゲームStA」が強い】

 

新弾が出るにつれて、インフレ(新しい弾のカードが強すぎて、昔のカードが使えなくなる事)が起こらないよう、スピマテでは、「スピマテカードゲームStA」が非常に強くデザインされています。「スピマテカードゲームStA」を手に入れておけば、とりあえず重要なカードが2枚ずつ入っていて無難に戦えるし、大会にも出れます。ゲームマーケット秋には、大根デッキとして有名な「BattleField Daikon & Sword」がリメイクされる事が決定しています。また、時期は未定ですが、「Honey So Sweet」もリメイク予定です。

【「インディーズ」という商業にはない、同人の特異性】

スピマテ制作委員会は、いわゆる「同人」又は「インディーズ」という形態を取っており、この制作方法をスピマテ制作委員会は「デザイナーズギルド方式」の制作と呼んでいます。これにより、5年もの間、破綻せずに安定してTCGを毎年2〜3作品発表しています。

【どこで買えるのか】ゲームマーケットが中止となったので、下記で4月25日から販売します。