スピマテカードゲームとは?:スピマテカードゲームStAとは?】

2014年12月より制作されているインディーズTCG。2019年で5周年となった。今回、2020年ゲームマーケット春にて、初段となるスターターAがリメイクされ、「スピマテカードゲームStA」として再登場しました。(旧作も発売後の環境で使用出来ます。)

魔女の持つ記憶の図書館からカード5枚で構築・勝負!スピリアマテリアルと呼ばれる魔術の札を使い、18枚のカードの中から5枚以上で構築して戦います。構築枚数が多い方が先手を取れますが、枚数が少ない方が確実に狙ったコンボを成功させ、後手から相手を迎え撃つことが出来ます。

【箱を買うだけで遊べます:「スピマテカードゲームStA」は2パック分のデッキが収録】

今までの商業・同人TCGは、まずカードを集めることが非常に難しく、かつ相手もデッキのカードを持っている必要がありました。この問題点を「スピマテカードゲームStA」では解決しており、この箱を買うだけで、スピマテの初段環境が全て揃った状態で遊ぶことが出来ます。初段環境を遊び尽くしたら、2枚ずつカードが入った状態のStAデッキに、新しい旧弾パックを追加していくことも可能です。

【スピマテは「スピマテカードゲームStA」が強い】

新弾が出るにつれて、インフレ(新しい弾のカードが強すぎて、昔のカードが使えなくなる事)が起こらないよう、スピマテでは、「スピマテカードゲームStA」が非常に強くデザインされています。「スピマテカードゲームStA」を手に入れておけば、とりあえず重要なカードが2枚ずつ入っていて無難に戦えるし、大会にも出れます。ゲームマーケット秋には、大根デッキとして有名な「BattleField Daikon & Sword」がリメイクされる事が決定しています。また、時期は未定ですが、「Honey So Sweet」もリメイク予定です。

「少し価格が高い。ぼったくりなんじゃないの?」と感じるかもしれませんが、StAは、趣味の延長として原価割れするように作っている為、利益は全く出ていません。ご安心して購入ください。

【ルールの導入】

スピマテカードゲームStAを用意した上で、こちらを確認頂ければ、すぐに始められるようになっています。

【店舗販売はされているのか。】

スピマテカードゲームStA、及び独立拡張はこちらから購入。

【どこで体験出来るのか。】

ボドゲカフェ様(StAを今後置いてもらう予定。発送準備中。順次発送。)
http://spimate.com/home/

スピマテオンライン:ディスコード
https://discord.gg/9vmFNPU

【旧作ルールからの変更】

スピマテカードゲームStAより、旧作のスピマテから一部ルールの全体的な変更・整理を行いました。効果の扱いなど、細かい点は変わっていますが、全体的なゲームのルールは変化はありません。過去のスピマテカードゲーム2014〜2020年に発表された作品と、完全互換でお楽しみ頂けます。

変更点としては下記になります。
●同名カードはデッキ・EX含めて2枚まで。
※ただし、下記は同名カード3枚緩和(リメイクの際にルール効果追記。現状は限定エラッタ扱い。)『だいこん』と名のつくカード、夢世界の操作〜扉を開く〜、七転八起、練気解放、鬼神逆襲

●細かい効果処理の変更
・【任意】効果は、そのカードごとに1ターンに一度しか発動出来ない。
・プレイ時効果の①②の種別の廃止。(①はモンスター、②は魔法のプレイ時効果と読み替え)
・AP0のモンスターは、ダメージを与えられないので、プレイヤーに攻撃しても、失敗する。