スフィアドラゴン対策について

>

大会でも活躍中のデッキ「スフィアドラゴン」について、解説します。

まずは、カードを見てみましょう。

竜の巫女の「プレイ時効果①」は、手札の龍族を好きなだけ場に出せる効果です。

この効果により、コストを払わずにスフィアドラゴンを出します。

スフィアドラゴンの「プレイ時効果①」は、相手の場のカードすべてに200の効果ダメージ、

つまりイコール相手の場のカードをすべて破壊してしまいます。

このコンボを主軸に、竜の巫女とスフィアドラゴンを3枚ずつ入れて構築したデッキ。

これが「スフィアドラゴン」です。

 

ただし、このデッキには弱点があり、それはすぐに手札がなくなってしまうという点です。

防御系魔法カードをデッキに1枚程度さしておけば、手札が1枚になっても、

ある程度しのぐことが出来ます。

長期戦を見越して、ドローソースを追加しておくデッキタイプもあります。

破壊又は竜の巫女自体の効果を無効にしてしまう、

だいこんには、少し弱いです。

プロテクションオーラは、そのターンあらゆるダメージを無効にしてしまうため、かなり相性が悪いです。

LP100まで対処できる「フレイムソーサラー+戦乙女の剣舞」も苦手です。

 

スフィアドラゴンは、相手の手札を読み、いつ展開するかが非常に重要なデッキとなります。

とはいえ、数多くのデッキに対応できる「夢世界の断片」に強く、環境次第では凶悪なデッキになります。

是非、ドラゴンデッキ、使ってみてください!

By