『アクア・フリーディア』

StFで登場する、水属性のフリーディア。ゲームマーケット大阪2020年に先行配布される。
1つ目のルール効果は、合成モンスターとして『アクア・ヒーラー〜反魂の魔女〜』を素材に指定する。
2つ目のプレイ時効果は、自分の場の巫女族を破壊し、その破壊に成功すれば、墓地のモンスター1枚を手札にする効果。

水属性合成モンスターであることから、通常の『合成』以外に『合成蘇生』で出す方法もある。
以下の方法により、最初のターンに場に『魔法少女フリーディア』を呼び出した上で、手札を5枚に出来る。

1、『魔法少女フリーディア』を手札コストに、『アクア・ヒーラー〜反魂の魔女〜』を通常の方法で場に出す。
2、『アクアヒーラー〜反魂の魔女〜』の効果で、『合成蘇生』をデッキ・墓地から手札にする。
3、『合成蘇生』により、墓地の『魔法少女フリーディア』に場の『アクア・ヒーラー〜反魂の魔女〜』を合成。
4、『アクア・フリーディア』のプレイ時効果。場の巫女族『アクア・フリーディア』を破壊し、場に『魔法少女フリーディア』が戻ってくる。さらに『アクア・ヒーラー〜反魂の魔女〜』が墓地に送られるので、『アクア・ヒーラー〜反魂の魔女〜』を手札にする。
5、場に魔法少女族である『魔法少女フリーディア』がいるので、EXから『ティンクル⭐︎スター〜魔法少女の宝札〜』を使い、2枚ドロー

結果:
手札5枚「アクア・ヒーラー1枚、他4枚」、場に『魔法少女フリーディア
※次のターン以降も、アクア・ヒーラーを場に出して『合成蘇生』を手札にすれば、また何度でも『アクア・ヒーラー〜反魂の魔女〜』を呼べる。

※『魔法少女フリーディア』は破壊されて墓地に送られれば蘇生する方法はなかったので、今回の手順により、蘇生能力を得たと言える。

※初の水属性のフリーディアであり、初の素材1枚から出せる水属性合成モンスター。名称指定ではあるものの、素材2枚を指定する『合成魔獣ゲノムキマイラ』と比べれば、遥かにコストパフォーマンスは良い。