【1.ストーリー】
物語は、中世。魔物と呼ばれる存在がはびこる、勇者と魔王、剣と魔法の時代。煉獄の魔術を操る一族の末裔。炎の魔法使い。その力は「光」と「闇」の側面がある。悪しき敵を倒すための、「正義の力」。戦争で死した戦士の魂を生贄し、神を操るという「悪の力」。【イラスト】SEIZOU【文章】ひろ。サブタイトルは「Blaze Magical Ritualize」。

【2.パックコンセプト】
スターターAと同じく、「シルバーバレット」に寄せて構成されています。その一方で、ほぼすべてのカードが「火属性」で固められており、専用の合成魔法「サクリファイス・アルケミー」により、墓地にたまったカードをリソース(強力なモンスターを出すための素材)にして、「炎の神グラードイン」を出すことが出来ます。1パック買うだけで、完成されている部分も強く、スターターAより実践的なパックです。ただし、少し複雑なルールのカードも多く、上級者向けとも言えます。

【デッキの使い方】
エクストラからサーチする「フレイム・ソーサラー」、墓地から魔法カードをエクストラに戻して合成する「炎の神グラードイン」、大きなカードアドバンテージを得る事の出来る「フレイム・フリーディア」を駆使して、長期戦を見据えて戦うタイプのデッキ。高速型デッキに対しても多くの対策カードを採用できることから、スピマテの中でも長期戦においては全てのデッキに一方的に勝てる強さを持っていた。しかし、現在は苦手なカテゴリ「風属性」が登場したことで、力押しだけでは勝つのが難しい。(フレイムフリーディア型にするには、スターターAのカードが一部必要になる。)

【特に重要なカード】

フレイム・ソーサラー×1(スターターB黒収録)

サクリファイス・アルケミー×1(スターターB黒収録)

炎の神グラード・イン×1(スターターB黒収録)

フレイム・フリーディア×1(スターターB黒収録)

3.ルールのQ&A 【こちら

4.カードプールリスト