(制作メモ)デッキ枚数について

>

制作メモです。頭を整理するために書いているので、あくまでメモであることをご了承下さい。

スピマテは、デッキの構築枚数に大きく幅があることが特徴です。

大きく分けて、下記の3つに分ける事が出来ます。

5枚デッキ(破滅の契約者、バトルフリーディア、ナイトメアフリーディア)
10枚デッキ(カウンターソーサラー、ハニー☆、スフィアドラゴン、だいこん)
20枚デッキ(エアフォートゼクトダイン、アクア夢世界)

5枚デッキは、メタを読み、1ターン目から動いて、倒しに行くデッキが多いです。

10枚デッキは、5枚デッキを対策しつつ、長期戦デッキへの対応も可能なデッキが多い。

20枚デッキは、序盤をしのぎ、長期戦に持ち込めば強いデッキとなります。

ただし、10枚デッキには、「デッキリカバリー」をするものもあるので、

一概にこの三角関係は成り立ちません(ハニー☆、夢世界など)。

 

また、スタンダード戦(いわゆる、2本先取)の場合は、20枚デッキから減らして

10枚デッキ、5枚デッキにするケースも多いため、2戦目と3戦目を考慮した、

少し特殊な組み立て方の考えも必要になります。

 

今の環境は、5枚デッキと20枚デッキの2強環境ではないかと作者は考えています。

しかし、これらに対策する手段として、一部の10枚デッキがメタとして刺さるので、

環境はグルグルする形となります。

 

基本的に、初心者は10枚デッキを使う傾向にあり、それを20枚デッキの上級者が

倒しにいくという形になります。

その20枚デッキを倒すために5枚デッキが登場し、5枚デッキと20枚デッキの二極化が

進みます。その一方で、対策出来るハニー☆、カウンターソーサラー(デーモンガール)

の10枚デッキが登場するという形です。

(ここで、比較的10枚デッキの中で上位にいたスフィアドラゴンは5枚と20枚に対応しずらくなります。)

 

スピマテの全てのデッキに対応できるのは、「ハニー☆」だけです。

(カウンターソーサラーもその立ち位置にいます。)

ハニー☆が最も広いデッキに勝てるというのは、色々な優勝者がよくコメントを残します。

しかし、作者も好きなハニー☆ですが、優勝したことは今まで一度もありません。

ハニー☆に明確に強いデッキというのは、「スフィアドラゴン」だけです。

その理由は、このデッキはミリ単位の調整が求められるデッキであり、

結果的に、勝つことが「まだ」出来ていません。

しかし、安定した戦績を残しており、今後注目度の高いデッキです。

 

ただ、一つ言えるのは、新弾スターターCDで登場した風属性と水属性は、

間違いなく強い。と言う点です。それに伴い、

(初期のスピマテと比べると)イマイチな強さだった「夢世界」と「ゼクトダイン」は、

大幅に強化されています。

今回、デッキの枚数をサイドインで2戦目から「増やす」ことが可能になったのが、結構スピマテで重要なのかもしれない。

色々考えていくと、「フレイムフリーディア」「アクア夢世界」「エアフォートゼクトダイン」が強い。でもこれらは3大魔女だし、新弾でもあるし、これでいいとも思う。これらの対抗馬として、次の新弾デザイナーズパックで、枚数少なめの高速カテゴリがまた出るのであろう。

やはり、答えは戦いの中にしかないのだ・・・。

By